ハリアーのデザインを詳しく

ハリアーはトヨタから販売されている人気車種で、現在はトヨペットで扱われています。
 
ハリアーの魅力は何と言ってもその美しいボディーではないでしょうか。
車体の様々な部分にシルバーメッキパーツがあしらわれていたり、
光を美しく反射するようにそれぞれのパーツがデザインされていたりというように、
SUV車でありながらとても高級感のある仕上がりになっているのです。
 
またハリアーは重心が低く設計されているため、重厚感もあります。
 
 
 
そしてハリアーは、カラーバリエーションも豊富です。
女性にも人気があるホワイトパールクリスタルシャインや
定番カラーであるブラックやスパークリングブラックパールクリスタルシャイン、
個性派の方からの人気が高いブラッキッキュレッドマイカやダークスチールマイカ、
ダークブラウンメタリックというように全7色で展開されているのです。
 
 
トヨタの他の車種と比べると、ハリアーはとても
重厚感のあるカラーがそろっているという印象を受けますね。
 
 
機能性や低燃費性だけではなくデザイン性にも優れている
スタイリッシュなSUV車のハリアー、これまでにはない「特別な感じ」のする車ですね。
 
現在お車の購入をご検討中の方は、
ハリアーもその選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

ハリアーの最大の魅力の一つシートアレンジ

ハリアーは、トヨタから販売されている人気のSUV車で、
現在はトヨペットにおいて取り扱われています。
 
ハリアーには様々な魅力が詰まっているのですが、
その魅力の一つにシートアレンジを楽しむことができるという点が挙げられます。
 
 
ハリアーは2列シートになっているのですが、
とても重厚感のあるデザインになっており
車内はそこが車の中であることを忘れてしまうほど
快適な空間になっています。
 
 
後部座席もゆったりと作られているため、
後部座席に乗車された方も足を組んでゆっくりとくつろぐことができます。
 
 
そしてハリアーは、ご利用シーンに合わせて様々なシートアレンジをすることができます。
まずはリア席片側フォール度ダウン状態とうシートアレンジについてです。
 
これは後部座席の片方だけを倒したデザインのことで、
スキー板やスノーボードなど長さの長い荷物を積むことができるようになります。
 
 
またハリアーはリア席両側フォール度ダウン状態というシートアレンジをすることも可能です。
後部座席のシートを両方倒してフラットにすると、
そこには大容量の空間が出現します。
 
 
そしてそこには、海外旅行用の大きなスーツケースはもちろん、
ギター等の楽器類や折り畳み自転車等も楽々と積み込むことができるのです。

ハリアーのグレードと排気量の違い

ハリアーは、トヨタのTOYOPETで取り扱われている人気車種です。
 
様々なメーカーからいろいろなSUV車が販売されていますが、
ハリアーはその中でも断トツの人気を誇っているのです。
 
そんな人気車種ハリアーには、ガソリン車と
ハイブリットカーの2種類が用意されています。
 
 
 
そしてガソリン車タイプには2WDのELEGANCEというグレードや、
4WDのPREMIUMグレード、GRANDグレードといったグレードがあり、
2,720,000円から購入することができます。
 
 
またハイブリッドタイプにもELEGANCEグレード、
PREMIUMグレード、GRANDグレードの3グレードが用意されています。
 
 
ご利用シーンやご予算に合わせて様々なグレードを
セレクトすることができるというのもハリアーの魅力ですね。
 
 
排気量に関しても、2.493Lタイプと1.986Lの
2タイプがありますので例えばそこまで遠出はせず街乗りがメインであるという方は、
1.986Lタイプのハリアーを、アウトドアスポーツや
アウトドアレジャーを楽しまれる方や高速道路を頻繁に利用するという方は、
さらに力強い走りを楽しむことができる
2.493Lタイプのハリアーをセレクトする、ということもできますね。
 
 
様々なグレード、二種類の排気量で展開されているトヨタのハリアー、
本当におすすめの車ですよ。

水没車を再び使う場合に注意すべきこと

車が水につかってしまうと、エンジンや電気系統に
大きなダメージが及んでしまい使えなくなってしまいます。
 
 
しかし水没車の中には、エンジンや電気系統のメンテナンスをすることで
一応元のように動く状態にまで持っていける車も存在します。
 
 
以前と同じように動く以上、そのまま乗り続けたいと思うのが人情というものですが、
ここで一つだけ注意しておきたい点があります。
 
それは、車内の衛生状態です。
 
 
というのも、車が水没した原因が洪水等の場合、
洪水によって流れてくる水は決してきれいなものではありません。
 
 
その水の中にはいわゆる“汚水”も混ざっているため、
臭いが酷いだけではなく様々な細菌や病原菌を含んでいるのです。
 
 
そのため、その水につかってしまった車内も当然
そういった細菌を含む水にさらされたことによって不衛生な状態になっています。
 
 
そこでもし洪水等により水没してしまった車を修理して使いたいという場合には、
車内を徹底して消毒することを忘れないようにしましょう。
 
 
車は毎日使用するものですし、ハンドルやシートには素手で触れますので、
水没したままの状態で乗るのは健康にも良くないのです。
 
 
車が一度水没してしまったら、エンジンや電気系統が故障するだけではなく、
「衛生状態が悪化する」という弊害も産まれてしまうのですね。

水没車の使い道

ポスティングされているチラシやインターネット上の広告を見ていると、
水没してしまった車を買取っている業者がたくさん存在します。
 
 
一般に水没してしまった車というのは中古車市場においてほとんど価値がないのですが、
彼らはそのような車を買取っていったい何に使っているのでしょうか。
 
 
実は、水没してしまった車であっても様々な使い道があるのです。
 
 
 
まずは海外市場に流すという使い道です。
日本車というのは海外において絶大な人気があります。
そのため、例え水没車であってもキッチリとメンテナンスをして
走ることができる状態にさえなれば、
海外の市場において販売することができるのです。
 
 
また、国内においても水没車の使い道はあります。
それは、タイヤを部品として収集し、中古タイヤとして販売することです。
というのもタイヤは車のエンジンや電気系統、
ボディーとは異なり水没によるダメージを一切受けません。
 
タイヤは濡れている道の上でも平気で走行できますので当然と言えば当然ですよね。
 
 
さらに車のマフラーには、レアアースが含まれています。
そしてこのレアアースにはある程度の価値があるため、
水没車を買取った業者はマフラーを取り、
これを転売することで利益を出しているのです。
 
水につかってしまった車でも、様々な使い道があるということですね。

水没車の見分け方

車が水につかってしまうと、エンジンや電気系統に大きなダメージが及んでしまいます。
 
ただ、水没車であってもメンテナンスをすれば再び動くようになる車もあるため
中には水没した履歴があるということを隠して水没車を販売しているところもあります。
 
 
では、どのような点に気を付ければ水没車かどうかを見分けることができるのでしょうか。
ここでは、水没車の見分け方のポイントについてご紹介させていただきます。
 
 
まずは高級車についてです。
 
ベンツやレクサス、ランドクルーザーなどは中古車市場における需要が高いため、
ある程度の整備費をかけても販売できれば元が取れます。
 
そのため、水没車であったとしてもメンテナンスをして走れる状態にし、
市場に流通させることが多いのです。
 
 
もしも高年式で走行距離も少なく、人気車種であるのに
値段が格安になっているというような場合には、
水没車の可能性を疑ってみましょう。
 
 
また、大災害が起こった後についても注意が必要です。
大きな災害が起こると、数えきれないほどの数の車が水没してしまいます。
 
 
そのため大災害が起こった後は水没車が市場に出回りやすくなるのです。
そこで大災害から半年以内は、中古車、特に高級車の購入は慎重に行うか、
控えることをおすすめします。

水没車が使えない理由

「車が水につかってしまうと使えなくなる」とか、
「水没車は買取ってもらえない」といった話を聞いたことはありませんか?
 
 
実際、車が水につかってしまったらもう使えない、というのは常識になりつつあります。
 
 
では、どうして車は水につかってしまうと使えなくなってしまうのでしょうか。
ここでは、水没車が使えなくなってしまう理由についてご説明させていただきます。
 
 
当然ですが、車にはエンジンが搭載されています。
そしてこのエンジン、実は水につかってしまうと多大なダメージを受けてしまうのです。
 
車はエンジンが作動してくれないと走ることができませんので、
「故障」となってしまうわけですね。
 
 
また、車が水につかってしまった場合エンジン以上に
深刻なダメージを受ける部分があります。
 
それは、電気系統です。
 
電気系統は車のありとあらゆる部分に張り巡らされているため、
その全てをメンテナンスすることはできません。
 
 
また電気系統は非常に水に弱いという性質も持っています。
携帯電話を水没させてしまった時のことを
想像していただくとわかりやすいかもしれません。
 
 
そう、車が水につかると故障してしまうというのは、
厳密に言うと車のエンジンや電気系統が
水につかってしまうと故障してしまう、ということなのです。

車を下取りに出すメリット

車を購入する際にセールスマンと話をしていると、
必ず現在使用している車を下取りに出すかどうかについて聞かれます。
 
 
そしてほとんどの場合、現在のっている車は新しい車を購入する店で下取りをしてもらいますよね。
では、車を下取りに出すことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、車を下取りに出すメリットについてご紹介させていただきます。
 
 
車を下取りに出すメリットとしてはまず、
車を処分する手間が省けるという点が挙げられます。
 
車を買取りに出す場合は、買取専門店や中古車販売店に
車を持っていき査定をしてもらわなければなりません。
 
 
しかし車を下取りに出す場合には、新しい車についての商談をしている間に
査定をしてもらえますので車の購入と車の処分を一度に済ませることができるのです。
 
 
また車を下取りに出す場合、新しい車が納車されるまで
その車に乗っていることができるというメリットもあります。
 
 
買取業者に車を売却する場合、売買契約が成立すると
その車は置いていかなければなりません。
 
しかしそうなると、通勤等で車を使用されている方は
新しい車が来るまでの間の“あし”がなくなってしまうためとても不便ですよね。
 
 
この点、車を下取りに出した場合は、新しい車が車で
その車に乗り続けることができるのでとても便利なのです。

査定額アップで車を安く購入しよう

中古車販売店で車を査定してもらうという場合、
新たな車をそこで購入するという方が多いのではないでしょうか。
 
 
いわゆる、新たな車を購入するにあたって現在所有している車を
「下取り」してもらうというパターンですね。
 
 
下取りとは車の査定価格分を新たな車の購入費用から引いてもらうというもので、
単に車を売るだけの場合とは異なり「実質的値引き」の要素がそこには含まれてきます。
 
そのため、下取りの場合は車の査定額も比較的上がりやすくなっています。
 
 
そして査定額を上げてもらうためには、いくつかの方法が考えられます。
まずは、他社にも車を見に行っているということをアピールするということです。
 
 
「他社では○○円で下取りしてくれるという話なので、
その査定額だとちょっとこちらで車を購入するのは難しいですね」といった感じで話してみましょう。
 
そうすると、査定額を引き上げてもらえる可能性があります。
 
 
また、「もし会社の方針で車体価格からの値引きがこれ以上無理であれば、
下取り価格を上げるという方法でお願いできませんか?」
といった交渉方法も有効でしょう。
 
 
いずれにせよ、新しく車を購入するという場合には、
業者側も比較的簡単に“折れて”くれますので、積極的に交渉をしてみてください。