Archive for the ‘車の査定価格を上げるテク’ Category

車を買取りに出す際、簡単査定サイトを利用するメリット・デメリット

最近、インターネット上には車の簡単査定を
することができるサイトが多数存在します。
 
では、このサイトにはどのような特徴があるのでしょうか。
 
ここでは、簡単査定サイトのメリットとデメリットについて
ご紹介させていただきます。
 
 
まずは簡単査定サイトのメリットについてです。
 
簡単査定サイトのメリットとしてはまず、
実際に業者のもとへ足を運ぶことなく
自分の車の査定額を知ることができるという点が挙げられます。
 
実際に車を査定に出すとなると、
中古車販売店等に足を運び、30分から1時間程度かけて
査定をしてもらわなければなりませんよね。
 
この点、簡単査定サイトであれば車種や年式、
走行距離等を入力してクリックすれば、
次の画面では査定額が一覧で表示されるのです。
 
 
次に簡単査定サイトのデメリットについてです。
 
簡単査定サイトのデメリットとしては、
サイトで算出された金額をうのみにすることはできない
という点が挙げられます。
 
車の査定額は、車種や年式などの「数字」だけではなく、
ボディーの状態や修理歴、メンテナンス状況、
内装の状態など様々な点を総合的に考慮したうえで算定されます。
 
ところが簡単査定サイトではこういった情報についてまでは
把握することができないため、
実際に査定に出した場合の金額とは少し異なる査定額が
算出されることがあるのです。

車の査定額が短い期間で下がることはあるか

長年車を愛用が、どうしてもその車に対して
愛着や情がわいてきますよね。
 
また一つの業者で査定をしてもらっても、
その値段で売却するかどうか
すぐには決められないこともありますし、
もっと他の業者でも査定をしてもらってから
売却するかどうかを決めたいという場合もあると思います。
 
では、一度算出された車の査定額というのは、
いつまで有効なのでしょうか。
 
短期間で査定額が下がってしまうということが
あるのでしょうか。
 
 
実は中古車の値段というのは、
その時の人気や流行によって常に変化しています。
 
また査定から時間が経てばそれだけ車は古くなりますし、
走行距離も伸びてしまいます。
 
そのため、一度査定してもらったからと言って
その査定額がいつまでも有効で会うというわけにはいきません。
 
 
たいていの場合、車を査定に出すと
その査定額の「有効期限」というのもが記載されていますので、
そこをしっかりとチェックしておきましょう。
 
そしてその期間を過ぎてしまうと
再度査定額を算出しなおすことになり、
場合によっては値段が下がることもあり得ます。
 
 
車を売却するかどうかなかなか決められないという気持ちは
大変よくわかりますが、
ある程度の期間内には決心をすることが大切なのです。

車の査定額を上げるために

車を査定に出す場合、
やはり少しでも高い査定額をつけてもらいたいですよね。
 
では、査定額を上げるために
何かできることはあるのでしょうか。
 
 
車の査定額は、車種や年式、走行距離、修理歴、
メンテナンス状況、ボディーの状態等をチェックして算出されます。
 
この点、これらの要素のうち車種や年式、走行距離等については
どうすることもできませんし、メンテナンス状況等についても
今更何かできるわけではありません。
 
しかし、ボディーの状態に関してはどうにかすることができます。
 
 
例えばボディーに小傷がついているという場合、
コンパウンドを利用して磨くことによって
綺麗に傷を消せることがありますし、
車を綺麗に洗車するだけでもボディーは
かなり美しく輝くようになります。
 
また車内に関しても、天井やシートにシミがある場合には
これを丁寧に除去したり、ダッシュボードの上にたまったほこり等を
綺麗に取り除くことによって査定士が受ける印象は
かなり変わってくるのです。
 
 
車の査定はいわば愛車の面接試験のようなものですので、
ピカピカに磨き上げて少し手も高く
評価してもらえるように努めましょう。
 
洗車や車内清掃が苦手という方も、
これをすることによって査定額が上がるのであれば
やる気がでてきますよね。
 車の査定額が上がる時期

車を査定に出すにはどうすればいい?

車を使用しなくなった場合、
あるいは車を買い替えるために
現在所有している車を処分する場合、
車を査定してもらう必要があります。
 
では、車の査定をしてもらうためには
具体的にどうすればいいのでしょうか。
 
車を査定に出すにあたってはまず、
どこの業者に買取ってもらうのかを
決める必要があります。
 
お近くに中古車販売店がある場合は
そこでも構いませんし、
少し遠くまで行くことができるという方は
インターネットで車の買取をしている業者を
探してみるといいでしょう。
 
 
そしていくつか候補の業者が決まったら、
次は査定をしてもらうために必要な書類を整えます。
 
査定の際に必要な書類は車検証と
自賠責保険証書の2点でして、
これらは通常ダッシュボードの中に入っていますので、
特に慌てて何かを揃えなければならない
ということはありません。
 
 
そしてどこの業者で買取をしてもらうかを決め、
必要な書類も揃えることができたら、
後は車を業者のところへ持っていくだけで構いません。
 
車をもって行くと、
査定士が車を色々とチェックして
査定額を算出してくれます。
 
いかがでしょうか。
「車を査定に出す」というとなんだか
難しいことのような気がしてきますが、
実は中古車販売店や車の買取り専門業者のところへ
車を乗っていくだけでいいのですね。
 

車の査定を受ける際にアピールすべきポイント

 
車を査定してもらう際、
皆様は査定士やセールスマンにその車について
何らかのアピールをしていますか?
 
「車のことは専門家に任せておけば大丈夫」とか、
「素人が何かを言っても査定額が変わるわけではないだろう」
なんて思って諦めたりはしていませんか?
 
実は車の査定額は、
その車に関して何らかのアピールをすることによって
値段が上がることがあります。
 
 
では、具体的にどのような点を
アピールすればいいのでしょうか。
 
答えは簡単で、その車の価値を上げる要素となり得る点を
どんどんアピールしていけばいいのです。
 
例えばタイミングベルトを交換したばかりである場合、
そのことをアピールしてみましょう。
 
タイミングベルトは交換に10万円程度かかりますので、
これを交換しているとなると
それから10万キロ走るくらいまでは
タイミングベルトを交換する必要がないため、
中古車としての価値が上がってきます。
 
またメーカーオプションパーツをつけている場合や
高性能のナビを搭載している場合なども、
これらの点をアピールすると
査定額が上がることがあります。
 
 
同じ車を買取りに出してもこれらの点を
アピールするのとしないのとでは
その査定額にかなりの差が生じてくることがありますので、
車を買取りに出す際は
ぜひその車に関する様々なポイントを
アピールしてみてください。
 
査定額がアップすると
次に購入する車が安くなりますからね!
査定額アップで車を安く購入しよう
 

車の査定額が上がる時期

車は、シーズンによってその査定価格が変動することがよくあります。
これは車に限ったことではないのですが、
商売というものは需要と供給のバランスによって成り立っています。
 
 
そして中古車販売に関しては、より顕著にその傾向が顕れてきます。
つまり、需要が多くなればなるほど中古車の価格は高くなり、
需要が低くなればなるほど中古車の価格は低くなるのです。
 
そして当然、中古車の販売価格が高くなればなるほど車の査定額も高くなりますし、
反対に販売価格が低くなればなるほど、車の査定額は低くなってしまいます。
 
 
では、車の査定額が高くなるシーズンとはいったいいつなのでしょうか。
それはズバリ、年度末前です。
 
 
新年度が始まると、就職や転勤等によって中古車のニーズが拡大します。
そのため、中古車販売店としては1台でも多くの車、
つまり在庫を確保して転売り、利益を得たいと思っているのです。
 
 
そこで、車を査定に出す際には、年度末を狙ってみることをおすすめします。
この時期は査定価格の交渉も比較的スムーズに進みやすいため、
思ったよりも高値で車を売却することができるかもしれません。

せっかく長く愛用してきた車を買取りに出すのですから、
こちらでもお伝えしたとおり1円でも高く買取ってもらいたいですものね。

水没車を再び使う場合に注意すべきこと

車が水につかってしまうと、エンジンや電気系統に
大きなダメージが及んでしまい使えなくなってしまいます。
 
 
しかし水没車の中には、エンジンや電気系統のメンテナンスをすることで
一応元のように動く状態にまで持っていける車も存在します。
 
 
以前と同じように動く以上、そのまま乗り続けたいと思うのが人情というものですが、
ここで一つだけ注意しておきたい点があります。
 
それは、車内の衛生状態です。
 
 
というのも、車が水没した原因が洪水等の場合、
洪水によって流れてくる水は決してきれいなものではありません。
 
 
その水の中にはいわゆる“汚水”も混ざっているため、
臭いが酷いだけではなく様々な細菌や病原菌を含んでいるのです。
 
 
そのため、その水につかってしまった車内も当然
そういった細菌を含む水にさらされたことによって不衛生な状態になっています。
 
 
そこでもし洪水等により水没してしまった車を修理して使いたいという場合には、
車内を徹底して消毒することを忘れないようにしましょう。
 
 
車は毎日使用するものですし、ハンドルやシートには素手で触れますので、
水没したままの状態で乗るのは健康にも良くないのです。
 
 
車が一度水没してしまったら、エンジンや電気系統が故障するだけではなく、
「衛生状態が悪化する」という弊害も産まれてしまうのですね。

車を下取りに出すメリット

車を購入する際にセールスマンと話をしていると、
必ず現在使用している車を下取りに出すかどうかについて聞かれます。
 
 
そしてほとんどの場合、現在のっている車は新しい車を購入する店で下取りをしてもらいますよね。
では、車を下取りに出すことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、車を下取りに出すメリットについてご紹介させていただきます。
 
 
車を下取りに出すメリットとしてはまず、
車を処分する手間が省けるという点が挙げられます。
 
車を買取りに出す場合は、買取専門店や中古車販売店に
車を持っていき査定をしてもらわなければなりません。
 
 
しかし車を下取りに出す場合には、新しい車についての商談をしている間に
査定をしてもらえますので車の購入と車の処分を一度に済ませることができるのです。
 
 
また車を下取りに出す場合、新しい車が納車されるまで
その車に乗っていることができるというメリットもあります。
 
 
買取業者に車を売却する場合、売買契約が成立すると
その車は置いていかなければなりません。
 
しかしそうなると、通勤等で車を使用されている方は
新しい車が来るまでの間の“あし”がなくなってしまうためとても不便ですよね。
 
 
この点、車を下取りに出した場合は、新しい車が車で
その車に乗り続けることができるのでとても便利なのです。

査定額アップで車を安く購入しよう

中古車販売店で車を査定してもらうという場合、
新たな車をそこで購入するという方が多いのではないでしょうか。
 
 
いわゆる、新たな車を購入するにあたって現在所有している車を
「下取り」してもらうというパターンですね。
 
 
下取りとは車の査定価格分を新たな車の購入費用から引いてもらうというもので、
単に車を売るだけの場合とは異なり「実質的値引き」の要素がそこには含まれてきます。
 
そのため、下取りの場合は車の査定額も比較的上がりやすくなっています。
 
 
そして査定額を上げてもらうためには、いくつかの方法が考えられます。
まずは、他社にも車を見に行っているということをアピールするということです。
 
 
「他社では○○円で下取りしてくれるという話なので、
その査定額だとちょっとこちらで車を購入するのは難しいですね」といった感じで話してみましょう。
 
そうすると、査定額を引き上げてもらえる可能性があります。
 
 
また、「もし会社の方針で車体価格からの値引きがこれ以上無理であれば、
下取り価格を上げるという方法でお願いできませんか?」
といった交渉方法も有効でしょう。
 
 
いずれにせよ、新しく車を購入するという場合には、
業者側も比較的簡単に“折れて”くれますので、積極的に交渉をしてみてください。