Archive for the ‘水没車と車査定’ Category

水没車の使い道

ポスティングされているチラシやインターネット上の広告を見ていると、
水没してしまった車を買取っている業者がたくさん存在します。
 
 
一般に水没してしまった車というのは中古車市場においてほとんど価値がないのですが、
彼らはそのような車を買取っていったい何に使っているのでしょうか。
 
 
実は、水没してしまった車であっても様々な使い道があるのです。
 
 
 
まずは海外市場に流すという使い道です。
日本車というのは海外において絶大な人気があります。
そのため、例え水没車であってもキッチリとメンテナンスをして
走ることができる状態にさえなれば、
海外の市場において販売することができるのです。
 
 
また、国内においても水没車の使い道はあります。
それは、タイヤを部品として収集し、中古タイヤとして販売することです。
というのもタイヤは車のエンジンや電気系統、
ボディーとは異なり水没によるダメージを一切受けません。
 
タイヤは濡れている道の上でも平気で走行できますので当然と言えば当然ですよね。
 
 
さらに車のマフラーには、レアアースが含まれています。
そしてこのレアアースにはある程度の価値があるため、
水没車を買取った業者はマフラーを取り、
これを転売することで利益を出しているのです。
 
水につかってしまった車でも、様々な使い道があるということですね。

水没車の見分け方

車が水につかってしまうと、エンジンや電気系統に大きなダメージが及んでしまいます。
 
ただ、水没車であってもメンテナンスをすれば再び動くようになる車もあるため
中には水没した履歴があるということを隠して水没車を販売しているところもあります。
 
 
では、どのような点に気を付ければ水没車かどうかを見分けることができるのでしょうか。
ここでは、水没車の見分け方のポイントについてご紹介させていただきます。
 
 
まずは高級車についてです。
 
ベンツやレクサス、ランドクルーザーなどは中古車市場における需要が高いため、
ある程度の整備費をかけても販売できれば元が取れます。
 
そのため、水没車であったとしてもメンテナンスをして走れる状態にし、
市場に流通させることが多いのです。
 
 
もしも高年式で走行距離も少なく、人気車種であるのに
値段が格安になっているというような場合には、
水没車の可能性を疑ってみましょう。
 
 
また、大災害が起こった後についても注意が必要です。
大きな災害が起こると、数えきれないほどの数の車が水没してしまいます。
 
 
そのため大災害が起こった後は水没車が市場に出回りやすくなるのです。
そこで大災害から半年以内は、中古車、特に高級車の購入は慎重に行うか、
控えることをおすすめします。

水没車が使えない理由

「車が水につかってしまうと使えなくなる」とか、
「水没車は買取ってもらえない」といった話を聞いたことはありませんか?
 
 
実際、車が水につかってしまったらもう使えない、というのは常識になりつつあります。
 
 
では、どうして車は水につかってしまうと使えなくなってしまうのでしょうか。
ここでは、水没車が使えなくなってしまう理由についてご説明させていただきます。
 
 
当然ですが、車にはエンジンが搭載されています。
そしてこのエンジン、実は水につかってしまうと多大なダメージを受けてしまうのです。
 
車はエンジンが作動してくれないと走ることができませんので、
「故障」となってしまうわけですね。
 
 
また、車が水につかってしまった場合エンジン以上に
深刻なダメージを受ける部分があります。
 
それは、電気系統です。
 
電気系統は車のありとあらゆる部分に張り巡らされているため、
その全てをメンテナンスすることはできません。
 
 
また電気系統は非常に水に弱いという性質も持っています。
携帯電話を水没させてしまった時のことを
想像していただくとわかりやすいかもしれません。
 
 
そう、車が水につかると故障してしまうというのは、
厳密に言うと車のエンジンや電気系統が
水につかってしまうと故障してしまう、ということなのです。