車を買取りに出した際によくあるトラブル例

車を買取りに出すと、
中古車販売店等によって算出された査定額を
受け取ることができます。
 
車を売却するためには色々と難しい手続きがいるところ、
業者に車を買取ってもらう場合には
それらの手続きのほとんどを業者がしてくれるため、
多くの方が車を買取りに出されています。
 
しかし中には、車を買取りに出したことによって
トラブルに巻き込まれてしまうこともあるのです。
 
ここでは、ある中古車販売店において
実際に起こった事例についてご紹介させていただきます。
 
 
Aさんは、長年愛用した車をX店に買取りに出しました。
その車は以前事故に遭ったことがあるため
そのことについても正直に申告したうえで
査定をしてもらったところ、
その査定額は60万円ということでした。
 
Aさんがこの金額に納得できたため
60万円で愛車をX店に売却します。
 
ところが数週間後、X店からAさんのもとに
思いがけない連絡が入ります。
 
「車を詳しく見てみると、
査定をした時には見つからなかった問題が見つかったので、
本来の車の価値40万円との差額、
20万円を返金してほしい」というのです。
 
 
これが車の買取りにおいてよくある事例なのですが、
事故歴等についても正直に申告しているという場合、
X店側に完全な落ち度があります。
 
いわゆる査定ミスですね。
そのため、言われるままに返金をする必要がありません。
 
これ以外にも車の売買では様々なトラブル例がありますので、
困ったときは第三者に相談するなどして
専門家の判断を仰ぎましょう。
 

~車査定裏ワザ

Tags: