車を買取りに出した際によくあるトラブル例

車を買取りに出すと、
中古車販売店等によって算出された査定額を
受け取ることができます。
 
車を売却するためには色々と難しい手続きがいるところ、
業者に車を買取ってもらう場合には
それらの手続きのほとんどを業者がしてくれるため、
多くの方が車を買取りに出されています。
 
しかし中には、車を買取りに出したことによって
トラブルに巻き込まれてしまうこともあるのです。
 
ここでは、ある中古車販売店において
実際に起こった事例についてご紹介させていただきます。
 
 
Aさんは、長年愛用した車をX店に買取りに出しました。
その車は以前事故に遭ったことがあるため
そのことについても正直に申告したうえで
査定をしてもらったところ、
その査定額は60万円ということでした。
 
Aさんがこの金額に納得できたため
60万円で愛車をX店に売却します。
 
ところが数週間後、X店からAさんのもとに
思いがけない連絡が入ります。
 
「車を詳しく見てみると、
査定をした時には見つからなかった問題が見つかったので、
本来の車の価値40万円との差額、
20万円を返金してほしい」というのです。
 
 
これが車の買取りにおいてよくある事例なのですが、
事故歴等についても正直に申告しているという場合、
X店側に完全な落ち度があります。
 
いわゆる査定ミスですね。
そのため、言われるままに返金をする必要がありません。
 
これ以外にも車の売買では様々なトラブル例がありますので、
困ったときは第三者に相談するなどして
専門家の判断を仰ぎましょう。
 

ネットオークションで車を買取ってもらうデメリット

車を売却する方法には、
中古車販売店に車を買取ってもらう方法のほかに、
ネットオークションを利用して車を売却するという方法があります。
 
最近はネットオークションで
様々なものを購入することができますよね。
 
しかも入札のタイミングによっては、
一般の店舗やネットショップよりもかなり安く
購入することができる場合もあります。
 
また車を買取りに出す場合、
あいだに業者が入るため
どうしても買取価格が安くなってしまいますが
ネットオークションを利用すれば
間に業者が入らないため
高値で車を売却することができます。
 
 
しかしネットオークションで車を売却することには、
様々なリスクも存在します。
 
そしてその代表的な例が、「詐欺」です。
車は必要書類と委任状さえあれば
だれでも名義変更をすることができるため、
先に車と必要書類を受け取ったうえで名義変更をし、
代金を支払わないというケースがあるのです。
 
また反対に代金を支払ったにもかかわらず
名義変更に必要な書類を引き渡してもらうことができない
というケースもあります。
 
 
そこでネットオークションを利用して車を取引する場合には、
相手方が信用できるだ銅貨をしっかりと確認し、
慎重に取引を進めていくことが重要です。

車を買取りに出す際、簡単査定サイトを利用するメリット・デメリット

最近、インターネット上には車の簡単査定を
することができるサイトが多数存在します。
 
では、このサイトにはどのような特徴があるのでしょうか。
 
ここでは、簡単査定サイトのメリットとデメリットについて
ご紹介させていただきます。
 
 
まずは簡単査定サイトのメリットについてです。
 
簡単査定サイトのメリットとしてはまず、
実際に業者のもとへ足を運ぶことなく
自分の車の査定額を知ることができるという点が挙げられます。
 
実際に車を査定に出すとなると、
中古車販売店等に足を運び、30分から1時間程度かけて
査定をしてもらわなければなりませんよね。
 
この点、簡単査定サイトであれば車種や年式、
走行距離等を入力してクリックすれば、
次の画面では査定額が一覧で表示されるのです。
 
 
次に簡単査定サイトのデメリットについてです。
 
簡単査定サイトのデメリットとしては、
サイトで算出された金額をうのみにすることはできない
という点が挙げられます。
 
車の査定額は、車種や年式などの「数字」だけではなく、
ボディーの状態や修理歴、メンテナンス状況、
内装の状態など様々な点を総合的に考慮したうえで算定されます。
 
ところが簡単査定サイトではこういった情報についてまでは
把握することができないため、
実際に査定に出した場合の金額とは少し異なる査定額が
算出されることがあるのです。

車の査定額が短い期間で下がることはあるか

長年車を愛用が、どうしてもその車に対して
愛着や情がわいてきますよね。
 
また一つの業者で査定をしてもらっても、
その値段で売却するかどうか
すぐには決められないこともありますし、
もっと他の業者でも査定をしてもらってから
売却するかどうかを決めたいという場合もあると思います。
 
では、一度算出された車の査定額というのは、
いつまで有効なのでしょうか。
 
短期間で査定額が下がってしまうということが
あるのでしょうか。
 
 
実は中古車の値段というのは、
その時の人気や流行によって常に変化しています。
 
また査定から時間が経てばそれだけ車は古くなりますし、
走行距離も伸びてしまいます。
 
そのため、一度査定してもらったからと言って
その査定額がいつまでも有効で会うというわけにはいきません。
 
 
たいていの場合、車を査定に出すと
その査定額の「有効期限」というのもが記載されていますので、
そこをしっかりとチェックしておきましょう。
 
そしてその期間を過ぎてしまうと
再度査定額を算出しなおすことになり、
場合によっては値段が下がることもあり得ます。
 
 
車を売却するかどうかなかなか決められないという気持ちは
大変よくわかりますが、
ある程度の期間内には決心をすることが大切なのです。

車の査定額を上げるために

車を査定に出す場合、
やはり少しでも高い査定額をつけてもらいたいですよね。
 
では、査定額を上げるために
何かできることはあるのでしょうか。
 
 
車の査定額は、車種や年式、走行距離、修理歴、
メンテナンス状況、ボディーの状態等をチェックして算出されます。
 
この点、これらの要素のうち車種や年式、走行距離等については
どうすることもできませんし、メンテナンス状況等についても
今更何かできるわけではありません。
 
しかし、ボディーの状態に関してはどうにかすることができます。
 
 
例えばボディーに小傷がついているという場合、
コンパウンドを利用して磨くことによって
綺麗に傷を消せることがありますし、
車を綺麗に洗車するだけでもボディーは
かなり美しく輝くようになります。
 
また車内に関しても、天井やシートにシミがある場合には
これを丁寧に除去したり、ダッシュボードの上にたまったほこり等を
綺麗に取り除くことによって査定士が受ける印象は
かなり変わってくるのです。
 
 
車の査定はいわば愛車の面接試験のようなものですので、
ピカピカに磨き上げて少し手も高く
評価してもらえるように努めましょう。
 
洗車や車内清掃が苦手という方も、
これをすることによって査定額が上がるのであれば
やる気がでてきますよね。
 車の査定額が上がる時期

車を査定に出すにはどうすればいい?

車を使用しなくなった場合、
あるいは車を買い替えるために
現在所有している車を処分する場合、
車を査定してもらう必要があります。
 
では、車の査定をしてもらうためには
具体的にどうすればいいのでしょうか。
 
車を査定に出すにあたってはまず、
どこの業者に買取ってもらうのかを
決める必要があります。
 
お近くに中古車販売店がある場合は
そこでも構いませんし、
少し遠くまで行くことができるという方は
インターネットで車の買取をしている業者を
探してみるといいでしょう。
 
 
そしていくつか候補の業者が決まったら、
次は査定をしてもらうために必要な書類を整えます。
 
査定の際に必要な書類は車検証と
自賠責保険証書の2点でして、
これらは通常ダッシュボードの中に入っていますので、
特に慌てて何かを揃えなければならない
ということはありません。
 
 
そしてどこの業者で買取をしてもらうかを決め、
必要な書類も揃えることができたら、
後は車を業者のところへ持っていくだけで構いません。
 
車をもって行くと、
査定士が車を色々とチェックして
査定額を算出してくれます。
 
いかがでしょうか。
「車を査定に出す」というとなんだか
難しいことのような気がしてきますが、
実は中古車販売店や車の買取り専門業者のところへ
車を乗っていくだけでいいのですね。
 

車の査定を受ける際にアピールすべきポイント

 
車を査定してもらう際、
皆様は査定士やセールスマンにその車について
何らかのアピールをしていますか?
 
「車のことは専門家に任せておけば大丈夫」とか、
「素人が何かを言っても査定額が変わるわけではないだろう」
なんて思って諦めたりはしていませんか?
 
実は車の査定額は、
その車に関して何らかのアピールをすることによって
値段が上がることがあります。
 
 
では、具体的にどのような点を
アピールすればいいのでしょうか。
 
答えは簡単で、その車の価値を上げる要素となり得る点を
どんどんアピールしていけばいいのです。
 
例えばタイミングベルトを交換したばかりである場合、
そのことをアピールしてみましょう。
 
タイミングベルトは交換に10万円程度かかりますので、
これを交換しているとなると
それから10万キロ走るくらいまでは
タイミングベルトを交換する必要がないため、
中古車としての価値が上がってきます。
 
またメーカーオプションパーツをつけている場合や
高性能のナビを搭載している場合なども、
これらの点をアピールすると
査定額が上がることがあります。
 
 
同じ車を買取りに出してもこれらの点を
アピールするのとしないのとでは
その査定額にかなりの差が生じてくることがありますので、
車を買取りに出す際は
ぜひその車に関する様々なポイントを
アピールしてみてください。
 
査定額がアップすると
次に購入する車が安くなりますからね!
査定額アップで車を安く購入しよう
 

NBOXが人気の秘密

NBOXは、ホンダから販売されている軽自動車で、
広々としたボックススタイルと優れた安全性能、低燃費性が人気の車です。
 
 
NBOXのデザインは、のびのびとくつろぐことができる広さを感じさせる、
ゆとりのあるボックススタイルとなっています。
 
凝りすぎない、シンプルなデザインは多くの方々から高い支持を得ています。
 
 
またNBOXはカラーバリエーションも豊富で、
定番カラーから可愛らしいカラー、
さらにはツートンカラーまでなんと合計17色もの展開となっています。
 
 
NBOXは、機能性にも優れています。
まずNBOXの後部座席についてですが、スライド式のドアになっています。
そのため狭い駐車場での乗り降りや
荷物の上げ下ろしも楽にすることができます。
 
 
そしてNBOXには、安全機能も備わっています。
前の車とぶつかりそうになった場合に自動でブレーキをかけてくれる
シティーブレーキアクティブシステムをはじめ、事故を防止して
ドライバーの安全を守るための機能がNBOXにはいろいろと備わっているのです。
 
 
以上のようにNBOXは、軽自動車とは思えないような魅力的な車です。
2013年の新車販売台数軽自動車部門では堂々の1位に輝いたNBOX。
やはり多くの人々に支持されるのにはそれなりの理由があるということなのですね。

車の査定額が上がる時期

車は、シーズンによってその査定価格が変動することがよくあります。
これは車に限ったことではないのですが、
商売というものは需要と供給のバランスによって成り立っています。
 
 
そして中古車販売に関しては、より顕著にその傾向が顕れてきます。
つまり、需要が多くなればなるほど中古車の価格は高くなり、
需要が低くなればなるほど中古車の価格は低くなるのです。
 
そして当然、中古車の販売価格が高くなればなるほど車の査定額も高くなりますし、
反対に販売価格が低くなればなるほど、車の査定額は低くなってしまいます。
 
 
では、車の査定額が高くなるシーズンとはいったいいつなのでしょうか。
それはズバリ、年度末前です。
 
 
新年度が始まると、就職や転勤等によって中古車のニーズが拡大します。
そのため、中古車販売店としては1台でも多くの車、
つまり在庫を確保して転売り、利益を得たいと思っているのです。
 
 
そこで、車を査定に出す際には、年度末を狙ってみることをおすすめします。
この時期は査定価格の交渉も比較的スムーズに進みやすいため、
思ったよりも高値で車を売却することができるかもしれません。

せっかく長く愛用してきた車を買取りに出すのですから、
こちらでもお伝えしたとおり1円でも高く買取ってもらいたいですものね。

ハリアーの低燃費性

車を購入するにあたって重視するポイントが、燃費ですよね。
車に乗るためには維持費を支払う必要がありますが、この維持費にはガソリン代も含まれます。
そして低燃費性に優れていれば優れているほど、この維持費は安く抑えることができるのです。
 
 
トヨタのハリアーは、SUV車でありながらも優れた低燃費性を実現しています。
ハリアーにはガソリン車タイプとハイブリッド車タイプの2種類があるのですが、
ガソリン車はリッター14.8km、ハイブリッド車となるとリッター21.8kmも伸びるのです。
 
 
通常こういったタイプの車は燃費が悪いものですが、そこは世界のトヨタ。
これまでの常識を見事に打ち破ってくれました。
 
 
もちろんハイブリッド車となるとガソリン車よりもお値段が高くなってはしまいますが、
その後のガソリン代のことを考えるととてもお得であることは間違いないでしょう。
 
 
 
ハリアーに乗ると、これまでの車よりも維持費を安く抑えることができるぶん、
浮いたお金ではちょっとした贅沢をすることもできますよね。
 
 
走行性能や機能性、収納力に優れているだけではなく、経済的でもありハリアー、
発売されて以来多くの人に愛されているというのにも頷けますね。
 
トヨタのハリアー、本当に素晴らしい車です。